菅政権はもうおしまい



菅政権は、きっと短命政権で終わります。理由は簡単。国民の信頼を完全に失ったからです。

忘年会の自粛呼び掛けているのに…菅首相「国民に誤解招き反省」その夜また、はしご会食

首相は観光支援事業「Go To トラベル」の全国一時停止を発表した直後の14日夜、自民党の二階俊博幹事長らと8人程度の会食を行った。政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会は会食は少人数にするよう呼び掛けており、首相は14日の会食について「国民の誤解を招くという意味において、真摯に反省している」と語った。

菅首相のステーキ会食、海外も報道 「多くの人がいら立ち」

複数の欧米メディアは、菅義偉首相が新型コロナウイルスの感染対策を呼び掛けた直後に東京・銀座の高級ステーキ店で大人数で会食したことについて、相次いで報道した。ロイター通信は16日、「国民にパーティーをしないように懇願した後、忘年会に参加したことで批判を集めた」と皮肉交じりに伝えた。
米紙ワシントン・ポスト(電子版)は「首相が4人を超える会食を控えるという公式のガイダンスを無視し、有名人や政治家と高級ステーキの夕食を楽しんでいるのを見て、多くの人はいら立っている」と報道。ブルームバーグ通信も「ステーキ会食は菅首相の苦痛をさらに悪化させる可能性がある」とし、支持率急落にあえぐ首相のさらなる打撃になるとの見方を示した。

国民に5人以上の会食を自粛しろと言っておきながら、自分でそれを実践しないトップなんか、誰が信頼するんでしょうか。こういうのを「ばか丸出し」と言います。菅政権はもうおしまいです。

どんな言い訳をしても、もう信頼回復は無理です。自民党がこんな体たらくでは、本当に日本が心配になります。むろん野党なんかそれ以下のうんこみたいなものですから、国を任せられる政党・政治家はほぼいなくなったと考えてよいでしょう。

全く新しい「何か」が日本を席巻する日も近いのではないでしょう。その「何か」が、国民に信頼される新しいタイプの政党・政治家であることを願うばかりです。

その「何か」が中国だったら大変です。けれども、そちらのほうの可能性が高そうなのが、とても心配で、怖いです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*