アメリカに見捨てられた韓国は、南北統一で北朝鮮に飲み込まれる



6月12日、シンガポールでの史上初の米朝首脳会談後、トランプ大統領は記者会見で米韓合同軍事演習の実施を取りやめることを発表しました。その件について、最近では次のような発言をしています。

トランプ大統領、米韓合同軍事演習に反対する理由を説明

トランプ大統領はテレビ局TBNのインタビューで軍事演習について「私はこれを戦争ゲームと呼んでおり、もう1年半も反対している。演習は高くつく(中略)我々は戦争ゲームに数千万ドル、数億ドルを費やしている。韓国はそれを補わない(中略)誰がこんなにお金を使いたいというのか?」と語った。

要は、この演習は、アメリカにとってお金が掛かり、かつ韓国はその費用を負担しないから、やめるということです。ビジネスマンらしい考え方のようですが、裏を返せば「アメリカは韓国を見捨てた」ということだと思います。

そもそもトランプ大統領は、この会談の前に次のようなことまで言っていました。

朝鮮戦争、70年かけて終戦か? 終結宣言に「署名する可能性がある」とトランプ大統領

アメリカのトランプ大統領は6月12日に控えた史上初の米朝首脳会談において、朝鮮戦争(1950〜1953年)の終結を宣言する合意文書に調印する「可能性がある」と7日、明らかにした。

結局、会談では、休戦中の朝鮮戦争が終結することはありませんでしたが、そこまでにらんだ上で、今回、米韓合同軍事演習を取りやめたのでしょう。

国同士の話し合いの場合、正式な文書として出てくるものが全ての成果とはいえません。大抵の場合は、文書として出てこない話のほうが重要なものです。今回も合意文書には出てきていませんが、朝鮮戦争終結までの話し合いもあったのだと思います。

現在、韓国と北朝鮮は戦争中であり、休戦しているだけの状態です。つまり、いつ戦争が再開されてもおかしくない状況だから、韓国を支援するアメリカは在韓米軍を駐留させ、戦争に備えて米韓合同軍事演習をしてきたわけです。従って、戦争が終結してしまえば、もはや米韓合同軍事演習も要らないどころか、そもそも在韓米軍は必要なくなります。米軍は韓国から撤退することになります。

そうなった場合、朝鮮半島はどうなるでしょう。そのとき、まだ北朝鮮寄りの文在寅氏が大統領をしていれば、南北統一への動きが加速するでしょう。同じ民族が分断されてきたのですから、その反動は大きいです。民族の悲願である南北統一は、かなり早くなされるであろうと思います。

そうなると、北朝鮮が有利です。なにせ、金日成氏が高麗連邦共和国構想を発表したのは1973年6月ですから、筋金が入っています。片や、南の韓国では、南北統一を望む声は多くても、それは漠然としたものであって、北朝鮮のように具体策までは提示されていません。

高麗連邦共和国構想とは、簡単に言えば一国二制度です。つまり、民主主義と共産主義という政治体制はそのままにして、外交や安全保障は一緒にやるというものです。一般市民としては、現在の暮らしが急激に変わるわけではないので、受け入れやすいでしょう。二国間の往来も自由です。

そして、そういう状況に国民が慣れたころ、国民投票でどちらの国がいいか選ばせます。一見、豊かな暮らしになれた韓国民が、北の体制を支持するとは思えませんが、民主主義の欠点は民意を統制できない点です。必ず北朝鮮体制を選ぶ人も出てきます。逆に、共産主義は統制に慣れています。一枚岩で現体制を支持させることができます。金日成氏が「その勝算あり」と踏んでいたのが、この高麗連邦共和国構想だったわけです。

在韓米軍が撤退して、高麗連邦共和国構想が成功すれば、朝鮮半島は金正恩氏が仕切る国家になります。アメリカ政府は、そんなことも分からないバカではありません。つまり、そこまで容認していることが、今回の米韓合同軍事演習の実施を取りやめで分かるわけです。それはすなわち、アメリカは韓国を見捨てたということに他なりません。多分、文在寅政権が誕生したときから、アメリカはかじを切ったのではないでしょうか、

トランプ大統領が想定していないこととしては、自分が永遠に大統領でいられないということです。短ければ2021年1月まで、長くても再選してその後4年です。片や、金正恩氏は、ずーっとトップのまま君臨します。この違いは大きいです。

もしかしたら、金正恩氏はトランプ氏が大統領でいるうちに高麗連邦共和国構想を実現してしまい、アメリカの大統領が変われば再び核武装するつもりかもしれません。あるいは、怖いトランプ氏が大統領でいなくなるまで、核廃棄したふりでのらりくらり生き延びるつもりかもしれません。トランプ大統領が、もし自分の任期中だけという短い時間スパンで物事を考えているとしたら、金正恩氏に足元を救われることはあるでしょう。

逆に、ぼくが書いたようにトランプ大統領が韓国を見捨てているというのは間違いで、さらに裏をかいて金正恩氏を安心させているという場合は、北朝鮮はアメリカの軍事力によって壊滅させられるでしょう。そもそもアメリカは、北朝鮮とイランなどの国のつながりまで見て核廃棄を迫っているので(つまり朝鮮半島危機と中東危機はセットと考えているので)、実は北朝鮮など壊滅したほうがいいと思っている節すらあります。

まだまだ予断を許さない朝鮮半島情勢からは、目が離せません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*