生命を語ることに挫折した近代科学


科学盲信警報発令中!
第3章 科学の悪行を暴け!
5. 生命を語ることに挫折した近代科学

自然界はさまざまな要素が絡み合っている。しかし、それらすべての要素を考慮して研究することは極めて困難である。だから、ニュートンからアインシュタインまでに構築された近代科学では、自然界を「単純系」としてとらえてきた。複雑な自然を、単純なシステム(系)に置き換えるのである・・・(下記書籍へ続く)

★この連載は書籍になりました。下記よりお買い求めください。

← 4. 科学が魂を捨てた理由
→ 6. 環境大国だった江戸時代の日本


生命を語ることに挫折した近代科学” へのコメントが 1 点あります

  1. ピンバック: 連載更新のお知らせ | ∂世界/∂x = 感動

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*