環境大国だった江戸時代の日本


科学盲信警報発令中!
第3章 科学の悪行を暴け!
6. 環境大国だった江戸時代の日本

かつてわが国では、「日本列島改造論」という言葉が流行した。科学技術を駆使して、人間の生活のために日本列島を改造する・・・、まさに人間中心主義そのものだ。その結果、日本は世界屈指の「先進国」になったといわれているが、一体何を基準に「進んでいる」というのだろうか?・・・(下記書籍へ続く)

★この連載は書籍になりました。下記よりお買い求めください。

← 5. 生命を語ることに挫折した近代科学
→ 第4章 新しい科学を生み育てよ! 1. 東洋思想は現代科学の子宮


環境大国だった江戸時代の日本” へのコメントが 1 点あります

  1. ピンバック: 連載更新のお知らせ | ∂世界/∂x = 感動

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*