人間を物質として扱う科学


科学盲信警報発令中!
第3章 科学の悪行を暴け!
3. 人間を物質として扱う科学

環境破壊という深刻な危機を迎えている今日、有効な解決策を見出せない近代科学。しかし、このような指摘を受け入れられない人々は、今までの科学で対処しようとし、新たな環境破壊を招くという悪循環に陥っている。そのような悪循環の中で、恐ろしい思想が生まれた。それがネオ・マルサス主義である・・・(下記書籍へ続く)

★この連載は書籍になりました。下記よりお買い求めください。

← 2. 男性中心主義の蔓延
→ 4. 科学が魂を捨てた理由


人間を物質として扱う科学” へのコメントが 2 点あります

  1. このように科学の現場では、人間でさえ単なる物質であるという思想が蔓延しているのだ

    聡明な科学者達がこのような結論を受け入れる「動機」は、何なのでしょう。

    出生前診断が、このような価値観から来ているとは驚きです。残念な気持ちもあります。ただ、世の中には、その診断によって障害が確認できても、出産をされる夫婦もいらっしゃいますね。

    • >聡明な科学者達がこのような結論を受け入れる「動機」は、何なのでしょう。

      連載のつづきで詳しく書いていく予定です。気長にお待ちください。(^_^;)

      >ただ、世の中には、その診断によって障害が確認できても、出産をされる夫婦もいらっしゃいますね。

      人を物質として扱っていないからですね。素晴らしいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*