奇跡は、すぐそこで起きています


砂の城
波打ち際に、砂で作ったお城があるとイメージしてみてください。窓や階段などの小さな部分まで精密に作られています。

たまたま旅先でこの砂のお城を見たあなたは、感動し、すかさず写真におさめます。いつかは波に侵食されてお城は崩れてしまうのでしょうから、素晴らしい姿を映像に残しておこうと思ったのです。

5年後、あなたは再び同じ砂浜に訪れる機会がありました。そこで驚くべき光景を目にします。あの砂のお城が、まだ残っていたのです。しかも、以前より大きくなっているようです。

驚いたあなたは、砂浜の周りの住人に訪ね歩きました。返ってきた答えは、次のようなものでした。

「誰が手を付けたわけでもないのに、毎日毎日、少しずつ大きくなっていった」

「よく見ていると、砂の粒が刻々と入れ替わっているようだ」

確かに、写真と比べてみると、5年前の砂粒と違います。明らかに新しい貝殻も混じっています。この砂のお城は、毎日毎日、毎時間毎時間、砂浜の砂を新しく取り入れ、古くなった砂粒を吐き出しながら成長していたのです。

もし、こんな現象が発見されたら、奇跡です。

そんな奇跡が、あなたのすぐ近くで起きています。あなた自身です。あなたの身体は1027個の原子からできています。砂粒のお城と同じです。

1027個の原子は、1018個の細胞を作っています。これらの細胞は分裂を繰り返しながら、常に新しく生まれたものと交替しています。そのペースは、1分間に実に250万個です。

白血球の細胞は4~5日ですべて入れ替わります。心臓の細胞は4ヶ月で、肝臓や胃、肺などの内臓器官は約半年で入れ替わります。筋肉は9ヶ月で新しくなります。1番長い期間の骨の細胞でも、3年ですべてが入れ替わっているのです。

つまりぼくたちの身体は、3年ごとに、完全に「別の身体」になっているのです。常に生まれ変わっているということです。ぼくたちの日々は奇跡の連続なのです。素晴らしいことではないですか。それならば、ついでに心も生まれ変わっていきたいものですね!


奇跡は、すぐそこで起きています” へのコメントが 6 点あります

  1. そうですかぁ。。。

    3年ごとに完全に細胞が生まれ変わっているのなら、永遠に生きていても良さそうですが、でも老いは必ずやってくるのですね(笑)

    読ませていただきながら、いろんなことに失敗したり挫折したりしても諦めずに、新しい自分に期待して、前を向いてまたチャレンジすればいいんだなぁ…と、勇気と希望を貰いました。

    自分で自分の命にピリオドを打つ子供達に伝えたいです。
    「君の生命は奇跡に溢れているよ!」と。

  2. なるほど、そうでしたか。
    お風呂に入るたびに
    一日の疲れが癒えて
    「ハァ~いきかえるなぁ・・・
    極楽…極楽・・・・」
    と、口をついて出てくる言葉は
    科学的にも事実なのですねえ。

  3. つまり、今ここにいる自分は、過去の記憶を引き継いでいるだけの別の器であって、本当の自分はとうの昔に死んでいる?

    そして今の自分の寿命も、長くても残り数年?
    なにそれ怖い。

    ルパン三世で、科学者が自らのクローン人間を作って、永遠に生き延びているみたいなのがあって、
    「でもそれって本当の自分の寿命は変わらないから、今の自分は死んだら全ておしまいじゃん」
    と思ったもんだけど、まさに普通の人間でもその状態と言うこと?

    知らぬうちに自分は死んでいて、別の自分が引き継いでいるだけ?
    こわい。

    • 微分的に考えるとそうなるかもしれません。つまり過去・現在・未来の、ある一点の時刻における自分こそ「自分」だという考え。

      でも積分的に考えるとどうでしょう。生まれてから(正確には受精卵のときから)死ぬまで全てが「自分」だという考え。そうすると数年ごとに自分が死んでいるということになりません。

      あるいはもっとシンプルに、意識(記憶)こそ本当の「自分」であって、体は車のような乗り物に過ぎないという考え方もできましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*