10月30日夕方、電子機器障害の恐れ。


本日、最大規模の太陽フレアが起きました。明日30日夕方には地球に太陽風が到達するので、注意が必要です。

電波障害に注意を、大規模な太陽フレア 30日に影響出る恐れ

太陽の表面で29日午前0時過ぎ(日本時間)、「太陽フレア」と呼ばれる大きな爆発現象が起きた。情報通信研究機構(NICT)によると、放出されたガスが30日の夕方から夜ごろに地球に届いて、無線通信が乱れたり、全地球測位システム(GPS)の誤差が大きくなったりする可能性がある。

太陽フレアは表面の「黒点」と呼ばれる場所で起きる。今回は、5段階評価で最大規模とされる「Xクラス」の爆発が、黒点がちょうど地球のほうを向いているときに起きた。放出されたガスが地球にぶつかって地磁気が乱れ、航空機の管制のための短波通信が使えなくなる恐れもある。

同機構の久保勇樹さんによると、一般の人は特に注意して暮らす必要はない。

「一般の人は特に注意して暮らす必要はない」とのことなので、それほど深刻な被害は想定されていないようです。一安心ではありますが、自然現象は予測どおりにいかないことも多いので、念のため電子機器に保存しているデータは、バックアップを取っておいたほうがいいかもしれませんね。

ちなみに、最近の太陽風で最も地球に危機が迫っていたのは、2012年7月でした。下記に詳しく書いているので、ご一読ください。

2012年7月に現代文明が崩壊し、原始時代に逆戻りしていたかもしれない現実に驚愕


“10月30日夕方、電子機器障害の恐れ。” への2件の返信

  1. 11月1日月曜日は、会社のネットワークが全く遅く、
    全社的に仕事にならなかったようですが、関係ありますか?
    VPNで全国の支社をデータセンター経由で結んでいますが。
    word excel のファイルを開くのにも、大変でした。

    • うーん、どうでしょうかね。ニュースとしては被害が報告されていないので、何とも言えませんが、時期的には重なっていますよね。よく分からず、すみません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*