活性酸素を悪役にする“水商売”にはご注意ください!【還元水・活性水素水編】


水を持つ

インチキ度をアバウトに「上・中・下」と分けたとき、「中」に属するのが還元水および活性水素水です。

還元水の「還元」とは、酸化と対で生じる化学反応です。ですから学術的には、「酸化還元反応」とまとめて呼んでいます。

酸化とは物質に酸素が結びつく反応、還元とは物質から酸素が奪われる反応です。物質Aが物質Bから酸素を受け取れば、物質Aは酸化したことになり、物質Bは還元したことになります。酸化還元反応とは、このように一対の化学反応です。

還元水といわれているものは、「身体の中を還元してくれる水」ということらしいです。具体的には、身体から活性酸素を奪う水だそうです。

では、活性酸素とは何でしょうか。ひとことで言うと、「化学反応を起こしやすい酸素」のことです。

呼吸によって体内に取り込まれた酸素分子は、血液によって全身の細胞に運ばれます。細胞の中に取り込まれた酸素分子の一部は、ミトコンドリアという器官で活性酸素に変えられます。

活性酸素が身体に悪いといわれている根拠は、「細胞膜の脂質と化学反応を起こして、老化現象の原因となっている」と考えられているからです。

さて、還元水といわれるものの作り方は、実はアルカリイオン水と全く同じです。活性水素水というものも、還元水とアルカリイオン水とまったく同じ作り方をしています。これらは単に、違う名前を付けているだけです。

かつて、悪質なアルカリイオン整水器販売業者が、高額な商品をインチキ説明で販売したものですから、国民生活センターに苦情が殺到したことがありました。揚げ句の果ては、薬事法違反で摘発される業者まで出てしまう始末でした。そのために、一時期アルカリイオン水がイメージダウンしたことがあり、還元水や活性水素水という違ったネーミングを用いるようになったようです。

還元水も活性水素水も、薬事法によって認可されたアルカリイオン水であるわけですから、先回紹介したような効能を説明しなければなりません。「身体に悪い活性酸素を消します」などと言って販売してはいけません。

還元水の「活性酸素消去トーク」の根拠となっているものは、某大学S教授の「アルカリイオン水には活性水素が存在し、それが活性酸素を消去する」という説です。

活性水素とは、水素が原子の状態で存在しているものです。ご承知のとおり、自然界では普通、原子が単体では存在しません。原子がいくつか組み合わさった分子として存在します。水素も普通、2個の原子で分子を構成して存在します。その方が安定しているからです。

活性水素は極めて不安定な状態であり、大量に、長い時間、存在し続けることはできないというのが、現在の科学界の常識です。S教授の説は、その常識に真っ向から挑んでいるものであり、面白くはありますが、今のところ単なる仮説に過ぎません。実証された説ではありません。

実証されていない活性水素の存在を、さも存在するように語り、その活性水素によって体内の活性酸素が消去されることを語って、「健康に良いですよ」と還元水を勧めることは、ぜひやめていただいきたいと思います。

還元水も活性水素水も、要はアルカリイオン水なのです。ですから、適正に飲用する分には安全です。装置がインチキなのではなく、セールストークがインチキなのです。

活性酸素はぼくらを守ってくれる“いいやつ”

なぜ人体は、老化現象の原因となることを承知で、細胞内で活性酸素を作っているのでしょうか。

それは、体内に侵入してくる細菌を撃退するためです。活性酸素は老化を促すと同時に、体内に侵入してきた細菌を殺すために働いている、免疫活動にとってなくてはならない存在なのです。老化は最終的に死へと至りますが、それは寿命だから仕方がありません。永遠に生きる生物などというものは、この地球上には存在しないのです。

その代わり、細菌の侵入などによって病気となり、天寿を全うしないうちに死を迎えることがないよう、ミトコンドリアが活性酸素を作り出すようにプログラムしたのでしょう。活性酸素は、長期的には老化を引き起こして死に至らしめますが、短期的には病気からぼくらを守ってくれているのです。

ですから、「活性酸素=悪役」と決めつけているセールストークをしてきたら、その商品説明はインチキです。

仮に、もし還元水が「本当に活性酸素を消去している水」だとすると、慎重に検査をしてから販売しなければならないでしょう。活性酸素は免疫作用の中核を占めているものです。活性酸素を大量に消去され過ぎたら、老化現象が抑制され、いつまでも若々しい姿でいられるかもしれませんが、空気中に漂っている細菌を吸い込んだだけで死んでしまうかもしれません。四六時中、無菌室で生活することになりかねません。

何度もしつこいようですが、還元水は単なるアルカリイオン水ですから、呼吸をしただけで死んでしまうといった心配は無用です。適正に飲用すれば、慢性下痢、消化不良、胃腸内異常発酵、制酸、胃酸過多などに効果があります。

食前の空腹時に、大量に飲むことを避けるだけで良いです。呼吸をしても大丈夫です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*