韓国。それはやくざのような国、あるいは女々しい男のような国。


いわゆる元徴用工の請求権問題に対して、10月30日の新日鉄住金への賠償命令に続いて、三菱重工にも韓国最高裁から賠償命令が下りました。

元徴用工・挺身隊訴訟、三菱重工に賠償命令 韓国最高裁

第2次世界大戦中に強制労働させられたとして韓国人の元徴用工や元朝鮮女子勤労挺身(ていしん)隊員が三菱重工業に損害賠償を求めた2件の上告審で、韓国大法院(最高裁)は29日、同社の上告を退ける判決をそれぞれ言い渡した。日本企業への賠償命令の確定は、新日鉄住金に続き2社目。類似の判決が相次ぐなか、韓国政府は対応策を示しておらず、歴史問題を巡り日韓関係が一段と冷え込むのは確実だ。

日本側が繰り返し主張しているとおり、1965年の日韓請求権協定によって、いわゆる元徴用工問題や慰安婦問題などは解決済みです。

大韓民国大法院による日本企業に対する判決確定について(外務大臣談話)

1 日韓両国は,1965年の国交正常化の際に締結された日韓基本条約及びその関連協定の基礎の上に,緊密な友好協力関係を築いてきました。その中核である日韓請求権協定は,日本から韓国に対して,無償3億ドル,有償2億ドルの経済協力を約束する(第1条)とともに,両締約国及びその国民(法人を含む。)の財産,権利及び利益並びに両締約国及びその国民の間の請求権に関する問題は「完全かつ最終的に解決」されており,いかなる主張もすることはできない(第2条)ことを定めており,これまでの日韓関係の基礎となってきました。

2 それにもかかわらず,10月30日の判決に引き続き,本29日,大韓民国大法院が,三菱重工業株式会社に対し,損害賠償の支払等を命じる2件の判決を確定させました。これらの判決は,日韓請求権協定第2条に明らかに反し,日本企業に対し一層不当な不利益を負わせるものであるばかりか,1965年の国交正常化以来築いてきた日韓の友好協力関係の法的基盤を根本から覆すものであって,極めて遺憾であり,断じて受け入れることはできません。

国家間で「完全かつ最終的に解決」と確認して約束しているのにもかかわらず、他方の国の最高裁がその条約には反する判決を下すというのですから、あきれてしまいます。つい最近の慰安婦不合意でも「不可逆的な解決」とうたわれていたのにもかかわらず、反故にされました。

普通の人間関係でも、約束を守らない人は信頼されません。国家間の関係でも同じです。こうやって何度も約束を破られていては、韓国は日本からの信頼を失います。そもそもの話、1965年で解決されているので、その後に蒸し返された慰安婦問題や徴用工問題は単なる嫌がらせです。

嫌がらせというのは優しい言い回しで、要はやくざと同じです。問題が解決されても、何度も何度も同じ理由で脅してくる、やくざそのものです。ならず者国家と言ってもいいでしょう。

あるいは、かつては日本と韓国は1つの国であったことから、男女関係にたとえることもできるでしょう。かつては一緒に暮らしていた女(日本)が、別れた後に立派になって、経済力も付け、国際的なステータスも上がりました。反対に男(韓国)のほうは、借金漬けになって、返済不能に陥り、通貨危機を起こしてIMF(国際通貨基金)に救済されるというように、完全に落ちぶれてしまいました。そんな落ちぶれた男が、女に金をせびりに来ている女々しい姿にしか見えません。

こんなことを続けていると、韓国という国はいずれ消滅してしまいます。早く目を覚ましてほしいです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*